新年明けまておめでとうございます。初春を迎え皆様のご健康と ご多幸をお祈り申し上げます。

さて暫く休止致しておりました「旬味雑談」このブログを再開させて頂くことになりました。今後ともに何卒お付き合い頂けますことを切にお願い申し上げる次第でございます。

「爐談亭」の閉亭後には、沢山のお客様方から励ましのお言葉と、「爐談亭」再開を願うご支援を頂き 誠にありがとうございました。

本年わたくし古希を迎えるに至り、ご縁ありまして 東京・麻布十番の名店「炉端・一炉一会」さんの素敵な空間と、素晴らしい出逢いを果たしました。

創り育んで参りました「爐談亭の味」と「移りゆく季節の設え」に賛同頂きまして、その味暦歳時記「季節のおもてなし」を受け継いで頂くべく、

同じ炉端と想いを共有する「美味滋味」のコラボとして、毎月定期的に上京し 付加価値のご提案その監修をさせて頂くことと相成りました。

         
        まずは「一炉一会」さんをご紹介させて頂きます。

一炉一会・掛け軸.jpg




















茶道の「おもてなしの世界」と言えば「一期一会」
そのお茶の世界に通ずる一期一会にならい
もてなしの精神を磨きます。とのコンセプトを基に
素晴らしき店名 「一炉一会」 が生まれ、本年8周年を迎えます

何処か「爐談亭」とのコンセプト同様に
相通じるのも感じさせられます

一炉一会・カウンター正面.jpg

















オーナーの想いを込めた、研ぎ澄まされた「炉端美」の空間

一炉一会・カウンター.jpgオーナー自ら築地に足を運び
今をときめく旬の野菜&魚介類がずらりと並びます

一炉一会・囲炉裏.jpgのサムネール画像たかが炉端焼きとも言えども 「紀州備長炭」 に拘ります

一炉一会・大しゃもじ.jpgのサムネール画像これぞ!炉端の王道「大しゃもじ」での提供です!

一炉一会・個室1.jpg店内はいずれも天井吹き抜けの開放感ある個室


此れから始まる「爐談亭」とのコラボレーションをお楽しみ頂ければ嬉しゅう存じます

今日は七草、今年一年のご健勝をお祈り致します。

おもてなしのお手伝い 「爐談亭」 庄屋 合掌


2017-01-07 16:19 | トラックバック(0) | コメント(0)

出発 「たびだち」 のご挨拶

 

 爐談亭の亭主を務めさせて頂きました私は、少々変り種で学生時代はグラフィックデザインを勉強しておりましたが、ご縁ありまして二十代前半の若かりし頃この飲食業界に入らさせて頂きました。

 

あくまでもオリジナリティーを重要視致します広島は元より全国でも類を見ない「癒しの飲食空間」の当亭は、構想から準備期間おおよそ十年を費やし昭和五十七年創業以来、多々皆様のご協力を経て早や満三十年を迎え、私の飲食人生四十余年を「爐談亭」と共に歳を重ねてきた者でございます。

 

四半世紀余年に渡り四季に移ろう美味滋味と、食のエンターティメントをご提案し続けたこの空間を諸事情により閉亭させて頂いたことは誠に忍び難くもありましたが、爐談亭にて創り育んで参りました「おもてなしの心」を伝えるのが、今後の自分の役目と考えております。

 

私事ようやく六十六歳を迎えた未熟者ではございますが、この歳になれば自分の若い時代とは違って今を生きる青年の多様さに刺激され、その新鮮さに魅力すら感じ若さのエネルギーが眩しく映りますまた今の時代に生きる若い人達との共同創作意欲を深められるエネルギーは、まだまだ衰えていないと思います。

 

心情的には歳を重ねてきた経験と実績を生かし、これから逞しく生きてゆく若い人達に伝え私にとりましてはその輝ける若さのエネルギーを得て、これからの時代のニーズに応えるべく益々の味の進化を遂げたいと望むものであり、若い方達との交流を通じ価値観の共有を図りたいと願うものでございます。    

 

ともあれ今後の私と致しましては、日本に移ろう四季の味、伝統&郷土の味から、古きを知り新しきを創造する「和創作料理」まで「おもてなし&しつらえ」のプランナーとして、また基本を軸とし常に変らぬ安定した味の向上と、その付加価値のご提案アドバイザーとしての「お手伝い」をさせて頂く道を歩ませて頂くことになりました。

 

この歳でもございますので、いつまでも動ける訳でもありませんが、また創り育み積み重ねてきた資料(レシピ&マニュアル)を持って果てる訳にも参りません。

 

しかし 私のレシピ総てがベストでもなく、その仕事に携わる若い方達の資質と感性により、又近い将来には益々の味の進化を遂げるものと確信するものでもあり、そのお手伝いをさせて頂くことが自分にとってはお浚いの場でもあります。

 

ともあれ、残された時間を意義あるものとして着々と準備を進め、また新たなステージへのステップに繋げていきたいとも望んでおります。

 

尚、下記のウエブページは閉亭後の活動です。今後ともに温かく見守って頂ければ嬉しゅう存じます。何卒ご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。
                                

                                      爐談亭・亭主 三浦

 

 

■夜桜        <http://rodan-tei.com/syunmizatsudan/post-3.html
■出逢いに感謝  <http://rodan-tei.com/syunmizatsudan/post.html> 
■価値観の共有  <http://rodan-tei.com/syunmizatsudan/post-2.html

 

************************************************
おもてなしのお手伝い 「爐談亭」 三浦 満
〒732-0067 広島市東区牛田旭1-11-21
電話 082-227-5230 携帯  090-8995-6739
E-mail  miura.mituru@ruby.plala.or.jp
URL http://www.rodan-tei.com/ (旧 爐談亭)

 *************************************************

 

 

2013-02-13 11:39 | トラックバック(0) | コメント(0)

y200500c_A1.jpg今週を持ちまして、三十年間燃え続けて参りました爐火を消させて頂く事となりました。 「 三味一体、爐に満る 」 貴方様との出逢いに感謝申し上げます。

   

   今週の初の膳 酒の肴膳は、「三味」をテーマとして
     鯛昆布締め柚子釜
     真魚鰹笹香焼き
     百合根かもまんじゅう
     辛子明太子寄せ
     舞茸松の実したし
     三色清し汁
     お口すすぎは 朱杯菊酒 でございます。

 

四季の微妙な移り行きに 鋭敏な感覚を学びながら、季節に折目をつけてお客様を迎え 従事者ともどもに未熟ながらも心をつくし、一期一会のおもてなしに努めて「光陰如矢」気がついてみれば、早や本年をもちまして満三十年の月日が流れ去りました。

 

お客様の心を我が心に、甘酸鹹苦辛の五味をこえた真味、即ち「また食べたい」と感じていただける後味を目指して務めること、それが「爐談亭のおもてなしの味」と考え
、天地の恵みに感謝しつつ味わう巡りめく「四季の恵みの素材の味」。何よりもまして「お客様のもう一味」が、加わってからこその「三味一体」の爐談亭でございます。

 

残された日々を貴方様との出逢いに感謝申し上げ、千八百週目の最終章「三味の膳」至十月三十一日まで、従事者ともどもに未熟ながらも心をつくし務めさせて頂く所存でございますれば 皆様お誘い合わせの上、ご来亭をお待ち申し上げております。

 

亭主合掌

 


2012-10-28 13:12 | トラックバック(0) | コメント(0)

世の中は三日見ぬ間の桜かな...と、移ろいやすい花の命に諸行無常の人生を垣間
見て、そのはかなさに物のあわれを感じるのが人の心でございます。待ち焦がれて
いた今年の桜も、あっという間に終わり葉桜の時節を迎え青葉若葉に時鳥、さては
卯の花に藤、つつじと風薫る晩春初夏を迎えます。「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」
やがて春の黒潮暖流の水温上昇と共に鰹が来遊し始め、この頃に捕れる鰹を初鰹と
呼び珍重され、いよいよ鰹の美味しい時節となります。
 

 今週の初の膳 酒の肴膳は、「初鰹」をテーマとして
  初鰹青葉たたき、なまり節と新筍炊き、鰹団子葉桜蒸し
  菅笠椎茸鴨真薯、空豆塩ゆで、山菜とろろ汁
  お口すすぎは 木の芽 です。

 

鰹は、昔から意気の良い魚として「勝魚」とも書かれ 江戸っ子に喜ばれたそうで、
また鰹は"勝つ男"に通じるとして、戦国世の鎌倉武士たちが愛好したと申します。
丸まると引き締まった鰹の姿を目にしますと、最今の不景気に打ち勝ちたいものと
勢いをも感じさせられますが、私間近かの若者達にも、その思いが伝われば宜しい
のですが、それも庄屋の我が儘かも知れません... 歳のせいですかね。


 

2012-04-15 01:19 | トラックバック(0) | コメント(0)

亭主合掌

2011年3月14日

 

 この度の東北関東大震災により被災されました多くの方々に
 心より お見舞い申し上げます。
 
 又、未だ生命の安否が分からない方々には、一刻も早くに
 ご無事が確認出来ますよう お祈り申し上げております。

 

 同じ地震列島に生まれ育った者達同士。他人事ではありません。

 又、被爆地の広島にとって福島の人々には心痛む思いです。
 

 このうえは 日本国民一丸となって被災者の方々を支え、 

 私達 出来得る限りの援助と復興に努めようではありませんか。    

              

               亭主合掌


 

2011-03-14 13:19 | トラックバック(0) | コメント(0)

最近の若者は「酒の飲み方・味わい方」も知らんなどと云われますが、
実はそうでもないようです。年を重ねた私達から、その「新成人のお手本」ともなり
「酒道」の心を伝えたいものでございますね。

その「酒道」とは室町足利時代に起り「茶道」や「華道」が今に残り栄えておりますが、
どうした理由か江戸時代中期にこの幻の修道だけが亡んでしまいました。
「酒道」とは酒をとうして酒の真髄を知り、己の精神を修養し、そこから得られた
礼儀や間をとうして同席者同士が、互いに敬い合うものを申すそうでございます。

若い方をお連れになった高配&上司&先輩方が、その若者に向かって「お前」
呼ばわりをされる方がおられますが、炉端を囲む空間は皆様対等な空間でもあり、
その炉辺の語らいは次の世代へと受け継がれてゆくごく自然な姿と共に大切な
和合(コミュニケーション)の場でございます。

それもこれも先達の受け売りと、「庄屋のひとりごと」で ございます。

2011-01-10 13:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
 仏手柑.jpg      仏手柑 (ぶっしゅかん)
 
この不気味な形が、なんと手の指の形をしているので
この名があるそうで、初めて見る人は千手観音を彷彿とさせる
奇妙な姿をしており、これが果物とは形から信じ難く
しかし正しく柑橘類の一種なのです。その名前にふさわしく
釈迦の生まれた国インド東北部原産のシトロンの一品種で
鉢植えや盆栽として愛されきました。 生食はできませんが、
果実を砂糖漬けにした仏手柑漬けも販売しているそうで
仏手柑には、 体内の毒素を出すと言われ古来より漢方として
珍重されております。

さて 知る人ぞ知るこの仏手柑は、古くお茶会などには
この時期なくてはならないものと云われておりますが、
優雅な香りと仏手柑の姿は芸術品とも言えるようで、
これを床の間に飾ってお茶や酒などを楽しむ位の風情が
あってもよいものですね。

当亭では「お福さん」の前に鎮座ましましておりますが、
もし実物にご興味ありましたら、是非ともご来亭下さいませ。
2010-12-17 18:20 | トラックバック(0) | コメント(0)

2009 003.jpg

先週同様に今週も本日で満開になりました。今年の夜桜も残るところ3日間です。

お席もございますのでお早めの ご予約戴ければ嬉しゅうございます。 亭主合掌

 

春と云えば花。古来日本で単に花と云えば桜を指し、それほど日本人の暮らしにとけ
込んでいます。春に百花それぞれに美しく咲き乱れる中で、ことに桜が尊ばれるのは
何故でしょうか。 「花は桜木、人は武士」 散り際の潔さが、心をうつからでしょうか・・・
うららかであり、長閑である春の盛りは短いものです。それゆえに春を称え春を惜しむ

心は、またひとしおですが、四月の酒は華やいだ陽の酒でなければなりません。
だが夜桜の宴に桜吹雪が舞う時に、三日見ぬ間の花のあわれを思い、盃に浮いた

一片の花びらに人生を思う、それも日本人らしくて良いものでございましょう。

2009-04-01 22:22 | トラックバック(0) | コメント(1)

お詫び

2008年10月25日

亭主からのお詫びがございます。

10月下旬の週には毎年恒例の「紅葉狩り」を お楽しみ頂いておりますが、 

随分八方手を尽くし探しましたが、この異常気象のせいか今年は「紅葉」が

この時期手に入りません。 花歳時記 「紅葉狩り」 10月27日?11月1日 を

11月10日~15日に、已む負えず変更させて頂くことに相成りました。

お楽しみ頂きました皆様には お山が冷えるまで ご迷惑をおかけいたしますが、
愉しみを増します霜月の中旬まで ほんのしばらくお待ち下さいませ。
どうかどうか!何卒なにとぞ!許してつかあさい。


 

2008-10-25 22:16 | トラックバック(0) | コメント(1)
待ちに待った食欲の秋10月です。
今日の広島は、昨日の雨が嘘のように晴れ渡った秋空の良い天気ですね。

さて、秋の夜長を もっと親しみやすくお気軽にお立ち寄り頂けますようにと
22時以降からご来亭の、既にお食事を済まされてる2次会様方の兼ねてよリの
ご要望により「初の膳¥1.800」をご遠慮されてもよい事とさせて頂きます。
因みに、初の膳の代わりとして日替わり「酒肴三種付出し盛合せ¥800円」を
おきまりとして、お召し上がり頂き酒の肴としていただきます。

尚、22時以降にも関わりませず「初の膳」をご所望のお客様方には今まで通り
とさせて頂きます。 豊富に出回りました廣島地酒「ひやおろし」&秋の味覚を
どうぞごゆるりと、秋の夜長にお楽しみ頂けましたら嬉しゅうございます。

                         安藝之國欅炉端「爐談亭」 亭主敬白
2008-10-01 17:58 | トラックバック(0) | コメント(1)

折り鶴

2008年8月05日

先日、若き陶芸家がご来亭下さり
原爆の子の像に捧げられる祈りの象徴「折り鶴」を手土産に頂きました。

被爆後の広島は、草木も生えず50年は人の住めない街と化すのではないか
とも言われましたが、しかし偉大な自然の力はその強い放射能をも浄化し、
緑多き街「広島」へと復興させてくれました。さて明日8月6日は「平和記念日」
世界各国そして日本全国から世界平和を願い集まられた大勢の人々・・・・・・

 

数年前の事だそうですが ・・・・・・
そのざわめきも過ぎ去った深夜の暗闇にゴザを敷き、静かに手を合せる老夫婦。
爆心地にたたずむ原爆ドーム周辺には 何故か静かな空気が流れていたそうで
これぞ「鎮魂 祈りの日」に相応しい  あるべき姿ではないかと言い残し、
若き陶芸家は この備前焼「祈りの折り鶴」を手土産に置かれお帰りになられました。

合掌

鶴 033.jpg  

備前焼工房 (サンワの森)  香山 佳輝

2008-08-05 17:50 | トラックバック(0) | コメント(1)

 

img_01.gif四季の微妙な移り行きに鋭敏な感覚を学びながら、季節に折目をつけて、お客様を迎え、従事者ともどもに未熟ながらも心をつくし、一期一会のおもてなしに努めて光陰如矢。気がついてみれば、昨年十一月にて早や満二十六年の月日が流れ去りました。

お客様の心を我が心に、甘酸鹹苦辛の五味を越えた真味、即ち「また食べたい」と感じていただける後味を目指して努めること、それが"爐談亭のおもてなしの味"と考え、天地の恵みに感謝しつつ味わう"四季の恵みの素材の味"何よりもまして"お客様のもう一味"が、加わってからこその「三味一体」の爐談亭でございます。

因に「ようこそ  ようこそ」の語源は、因幡(鳥取)妙好人の源佐語録によるもので、当亭の意図する「お客様をお迎えする心」でございます。

さて所詮、私どもの勉強は付け焼刃に過ぎず、いたずらに先達の教えを受け売りしたのみの観もあり一知半解のそしりは免れません。おもてなしに一生懸命なあまり、つい亭主の方がお客様より多く飲んでしまったという「亭主八杯」と相成りやも知れませんが、みずからの不勉強を全部さらけ出す今となっては、もはや隠れる穴もなく、ただその意図に免じてご容赦賜わらんことを切にお願い申し上げ「亭主の旬味雑談」に今後共どうかお付き合い下さいますよう重ねてお願い申し上げます。

亭主合掌

2008-05-28 15:07 | トラックバック(0) | コメント(3)
Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.