皆様ご無沙汰致しております。お元気にお過ごしでしょうか。 爐談亭の閉亭後には多くの皆様方から、ご心配・励ましのお言葉を頂戴致し誠にありがとうございます。

 

閉亭後は30年の疲れを癒す為の暫しの休息を頂いておりましたが、健康管理に務め体調も頗る良くお陰様で元気に致しております。

 

また現在では 創業三十年間の永きに渡り、ご愛顧戴きました皆様方のご支援にお応えすべく「爐談亭」の再開亭に向けて努力精進致しており、今後の私と致しまして残された人生を有意義にと、新たなステージへと繋げていきたいものと、幣亭を受け継いで下さる方を探しております。

 

広島は元より他に類をみない当亭は、全国からの沢山のお客様方もお見えになりましたが、特に関東圏辺りからの数多くの顧客様方より異口同音に「この店が東京に存在すれば...」とのお奨めもありましたが、そのご縁に恵まれず現在に至っております。

 

東京での爐談亭のご提案には、有り難くも数多くのお客様方のご支持を頂き、兼ねてよりの念願でもあり私の遣り残した仕事でもございます。これも又ご縁あってのお話ですが、東京のみならず幣亭を受け継いで下さる方がいらっしゃらないものかと「爐談亭プレゼン資料」を製作し下記の活動を始めました。

 

老舗と云われる歴史と格式有る名店も多々ある中、当亭は五感に訴えかける付加価値の提案を添えた飲食店として、季節の設えと「古きを知り、新しきを創造する」お料理の数々と、肩肘張らずお気軽にお楽しみ頂ける 「おもてなしの心」を 伝えて行くことが、私に課せられた使命だと思っております。

 

然しながら、所謂コンサルタント的な指導ならびに報酬を望んでる訳でもありません。これから逞しく生きてゆく若い人達共に実際の現場に立ち、「古きを知り、新しきを創造する」その楽しさを伝え、積み重ねてきた「料理&接客&設え」のノウハウを伝授し「調理レシピ&作業マ二ュアル」指導の裏方として、この力の及ぶ限り全身全霊を持ってお手伝いさせて頂ければ嬉しゅうございます。

 

いよいよ6年後に迫り来る「東京オリンピック」を迎え、日本の食文化「和食」のユネスコ無形文化遺産登録が追い風となり、更に和食ブームも著しく加速化されるものと思われ、ここに改めてキャパシティ東京と云う大舞台で、四季に移ろう和食のエンターティメント「爐談亭のおもてなし」をご提案させて頂く事が出来ませばと願うものでございます。

 

*******************************************************
おもてなしのお手伝い 「 爐談亭 」   三浦   満
〒732-0067 広島市東区牛田旭1-11-21
TEL / FAX  082-227-5230  携帯 / 090-8995-6739
E-mail   miura.mituru@ruby.plala.or.jp

URL   http://www.rodan-tei.com/  (旧 爐談亭)

Blog    http://rodan-tei.com/syunmizatsudan/ 

*******************************************************

 

<おもてなしのお手伝い主な項目>

■四季に移ろう 「おもてなし&しつらえ」
■年間 52の週替り 「味暦歳時記・一汁五菜」
■古きを知り新しきを創造する「和創作料理」
■古民家再生・地産池消の商品開発 などetc.

 

当亭事業内容にご賛同頂ければ、上記レシピ&マニュアルを伝授させて頂きます。
この事業内容を詳しく書面に落とした「爐談亭プレゼン資料」を用意致しております。
お気軽な電話又はメールでのお問合わせを、上記の方でお待ち申しております。


 

2014-05-25 15:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.