端午の節句 

2012年4月28日

shoubu2.jpg来週の花歳時記「端午の節句」の週では、亭内中央の欅板の間に菖蒲畑を配し
花菖蒲の香りと「菖蒲酒」をお楽しみ頂きます。

 

軽やかな南風にそよぐ青葉若葉が陽光にきらきらと映じて青い嵐のように感じられる
という五月に早苗を植える季節であることから早苗月、それが転じて皐月(さつき)
と申します。三月の桃、四月の桜に続いて五月は花菖蒲。端午の節句を菖蒲の節句とも云い、強壮解毒作用を持つ菖蒲や蓬を軒下に差して邪気を払い、火難除けとし、
菖蒲湯は健康増進。そして菖蒲酒を飲めば蛇にかまれないという風習がございます。

 

今週の初の膳 酒の肴膳は、「端午の節句」をテーマとして
 皐月鯉の薫風焼き、竹の子木の芽和え
 笹身菖蒲蒸し、卯の花柏葉巻き、木耳山里煮
 よもぎ団子汁、 お口すすぎは、菖蒲酒でございます。

 

五月五日は男の子の節句。矢車を付けた竹竿に鯉幟、吹流しを付け薫風になびかせ
男の子よ勇壮活発に育てよと願うものでございますが、菖蒲&蓬の「邪気を払い&
火難除け」そして「菖蒲湯に菖蒲酒」と共に、ビルが建ち並ぶ風情なき都会生活では
廃れつつある習わしでございます。

 

尚、今月より日曜祝日の定休日とさせて頂きますので、
「端午の節句」は、5月1日2日のみの営業となります。何卒ご了承下さいませ。

2012-04-28 12:52 | トラックバック(0) | コメント(0)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.