涼舟

2010年7月12日

そろそろ梅雨が去り初蝉が聞える頃ともなれば、暑さを避けて夜気に涼味を
求めたくなる時節ともなります。夏の夜の涼味といえば鵜飼船や納涼船そして
屋形船の海や川の舟遊びも、そのひとつでございましょう。  今週は舟遊びの

山郷料理でございます。 数年前にイタリアの方がお見えになり、日本人でも

「鮎うるか」を苦手の方が多いのに「ボーノ&ボーノ美味しい!」と云われました。

よくよく伺えば「アンチョビー」に似て美味しいそうで、これをヒントに「そうめん」と

合わせてみた所、これがまた酒の肴に打って付けでもあります。


  今週の初の膳 酒の肴膳は、「涼舟」をテーマとして
  鮎の笹焼き、鬼灯琥珀玉子、川風豆腐
  うるか葛きり和え、あなご胡瓜なます
  冬瓜冷や汁、お口すすぎは 青柚子茶 でございます。

水の上を渡ってくる風は涼しく、ボート遊びや、水遊びに、にぎわう昼間の騒々しさ
にくらべて、赤いほうずき提灯をつるした屋形船の時々船縁を打つ竿の音が辺りの

静けさをいっそう感じさせます。  しのぎにくい夏の夜を舟遊びに出掛けてみては

いかがでしょうか? 思い出に残る夏の夜の涼味となるのではと思います。

2010-07-12 16:07 | トラックバック(0) | コメント(0)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.