螢狩

2010年6月21日

hotaru01.jpg

 花名 螢袋(ほたるぶくろ) 捕まえた螢をこの花の中に入れ花弁の先端を結び、

 幻想的な螢光を楽しむと云う。古人は何んと風流な遊び心をお持ちのようです。

私の子供時代には、初夏の夜には幻想的な螢狩で癒しの体験をしたものでござい

ます。一時は農薬の為、螢の餌となる川蜷(かわにな)が姿を消し、螢も次第に見ら

れなくり、わずかに残された自然環境の中で健気に生きておりましたが、最近では

農薬規制、また保護活動などにより生息環境も整い始め、蛍狩りの声を耳にするよ

うになりました。

 今週の初の膳 / 酒の肴膳は、「螢狩り」をテーマとして
  ほたるいか黄身酢、若鮎揚せんべい
  家猪梅煮、淡雪豆腐、紫じゃこめし
  粟麩と瓜の味噌汁、 お口すすぎは、しそ茶でございます。

螢は、源氏蛍と平家蛍に代表されます。無数の蛍が入り乱れて飛ぶ情景を蛍合戦

といい、宇治の蛍合戦は源の頼政の怨霊の現われとの伝説もございます。水辺の

闇に神秘的な光を明滅して乱れ飛ぶ 夏の優しの虫「蛍」のさまは、まさに初夏の

風物詩と申せましょう。

2010-06-21 15:21 | トラックバック(0) | コメント(0)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.