入梅

2010年6月14日

暦の上では十一日が入梅。広島は例年より七日遅く十三日に梅雨期に

入りました。 梅の実が熟する頃の雨なので梅雨と申すそうですが、

古くは陰暦五月にあたるので五月雨 「さみだれ」 とも云い

この時季に雨が降らない事を、空梅雨「からつゆ」とも申します。
いずれにせよ じめじめとした肌寒さを覚える日もあって、

誠にしのぎにくい月ではあります。しかし見様、考え様では風雅なもので

「五月雨や 色紙へぎたる 壁の跡」などと侘びに興じた芭蕉をしのび 

 いっそ「雨を楽しむ」と開き直り、五月雨の音を酒の肴にと洒落込むのも

結構なものかとも存じます。

 

  今週の初の膳 酒の肴膳は、「入梅」をテーマとして
   海老の紫陽花揚げ、蜆と瓜雷干しの辛子酢味噌
   青煮梅、新牛蒡香り炒り煮、空豆夏鴨真薯、
   鰯つみれ汁、お口すすぎは、香煎茶です。

 

巡るめく花の移ろいに誘われて、今週は梅雨の花「紫陽花」を亭内あちこちに配し、

酒の肴にお楽しみ頂ければと思います。


2009 010.jpg

2010-06-14 15:27 | トラックバック(0) | コメント(0)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.