初鰹

2010年4月19日

世の中は三日見ぬ間の桜かな...と、移ろいやすい花の命に諸行無常の人生を垣間

見て、そのはかなさに物のあわれを感じるのが人の心でございます。待ち焦がれて

いた今年の桜も、あっという間に終わり葉桜の時節を迎え青葉若葉に時鳥、さては

卯の花に藤、つつじと風薫る初夏を迎えます。 「目に青葉 山ほととぎす 初がつお」

やがて春の黒潮暖流の水温上昇と共に鰹が来遊し始め、この頃に捕れる鰹を初鰹と

呼び珍重され鰹の美味しい時節となります。
 
    今週の初の膳 酒の肴膳は、「初鰹」をテーマとして
  初鰹青葉たたき、なまり節と新筍炊き、鰹団子葉桜蒸し、

         菅笠椎茸鴨真薯、空豆塩ゆで
     山菜とろろ汁、お口すすぎは 木の芽 です。

鰹は、昔から意気の良い魚として「勝魚」とも書かれ 江戸っ子に喜ばれたそうで、
また鰹は"勝つ男"に通じるとして、戦国世の鎌倉武士たちが愛好したと申します。
丸まると引き締まった鰹の姿を目にしますと、最今の不景気に打ち勝ちたいものと
勢いをも感じさせられます。 「 鎌倉を 生きて出てけん 初鰹 」

2010-04-19 16:18 | トラックバック(0) | コメント(0)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.