送迎

2010年4月05日

 

2009 049.jpg

              桜吹雪が舞う頃・・・

  

  ご好評の内に先週で「夜桜」終了させて頂きましたが、ご覧の通り桜も元気に

  咲き乱れておりますれば、本日6日(火曜)まで 楽しんで頂く事となりました。

 

春意ようやく動き始める今日この頃は卒業から進学へ、学生から社会人へ、あるいは
新しい職場への異動転勤等が多くなり、いわば新しい人生へと旅立つ門出の時節で

ございます。古人は門出の祝いにと、菜と鶏を炊き合わせて見事に「名取れ」と励まし
ました。「菜鶏」に「名取」をかけたその感覚は私たち現代人にも なお新鮮に感じる
ものでございます。古来日本人は何よりも名を重んじ、名を汚すことを恐れ、その名に
恥じない働きをする日本人気質を大事にしたものです。今の時代に生きる私達は

如何なものでございましょうか!?  送迎 すなわち 門出の祝いを、古人の知恵に

学んでの「送迎の膳」と させていただきました。

今週の酒の肴膳は、「送迎」をテーマとして  
「鯖の黄金出世焼き」 最近では三流とは云えない鯖が黄金出世致しました。
「茶蕎麦田楽」 旅立ちの後にも細く永くのお付き合いをと・・・          
「明日葉と生湯葉の辛子胡麻酢」 明日の旅立ちと云う言葉から・・・      
「名取炊き合せ」 門出の祝いに菜と鶏を炊き合わせて見事に名取れと・・・      
「富貴の山家煮」 蕗 すなわち 富(ふ)貴(き)と書いて金銀に恵まれ何不自由なく・・・ 
「鯛の二色潮汁」 めでたく故郷に錦(二色)を飾ると申します・・・         
 お口すすぎは「蓬」でございます。

因みに百花の王「牡丹」を「名取草」とも申すそうで、いよいよ百花咲き乱れる春を
迎えます。

2010-04-05 13:40 | トラックバック(0) | コメント(0)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.