梅見

2010年2月16日

梅見  2月22日(月)から 28日(土)まで

 

立春から、およそ一ヶ月間は春とは名のみの寒さ、少し暖かくなりかけてはまた急に
冷え込むのを冴え返ると申します。 それでも一月に比べれば昼が長くなり日差しも
春めいて梅も咲き始め春の気配を感ずる季節でございます。

如月すなわち二月の異名に春に魁けて梅の花を見るので「梅見月」とか「梅月」

などと申し、あちこちで梅まつりの頃ともなります。 京都北野天満宮の梅花祭では

二月二十五日の菅原道真忌にあたり菅公が愛した梅花の枝を霊前にお供えする

ので「梅花御供」とも呼ばれております。

   「東風吹かば にほいおこせよ梅の花 あるじなしとて 春を忘るな」   菅原道真  

 

  今週の膳は、花暦歳事記「梅見」をテーマとして
    紅白梅花酢かぶ、地鶏ふきのとう味噌煮込み
    早春白魚玉じめ、鰆朴葉焼き、壬生菜梅香漬け
    揚げ煮梅清し汁、 お口すすぎは 香煎茶 です。

 

今年も、囲炉裏を囲む欅板の間に天井までの梅の木を配し、亭内いっぱいに

梅花香る「梅見酒」と洒落込んで、早春の味をごゆるりとお楽しみ下さいませ。

 

2009 042.jpg 

今週の梅見では、篠笛奏者の梶川純司さんをゲストに迎え、2月22日25日では

牡丹雪を散らした如くに咲き誇る白梅を愛でながら、早春の篠笛をお楽しみ頂きます。

  

2010-02-16 17:48 | トラックバック(0) | コメント(0)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.