鏡開き

2010年1月12日

さて十一日は「鏡開き」。遠く平安時代の新年の行事のひとつとして歳首に
長寿を祝って大根、押鮎などを食べる習慣が、室町.江戸時代になって武家では
男子は「よろいびつ」に 女子は「鏡台」の上に供えた鏡餅を、刀柄(はっか)
初顔(はつがお)の祝いとして、二十日(はつか)におろして食べたのですが、
しかし後に三代将軍家光の忌日となった為、二十日を避けて何故か十一日になっ
たそうでございます。又、それ以来この鏡開きの行事は鏡餅を刃物で切ることを
忌み、手や木槌で割り開いたことにより「鏡開き」と云われおります。
昨今のお鏡餅は真空パックとやらで、すでに個々に切り分けられ 合理的で便利と
云えば便利ですが、何とのう味気なく食文化も失われつつもあります。

 今週の酒の付き出し膳は、「鏡開き」を、テーマとして
  お鏡餅揚げ煮、寒鴨黄身酢、五色なます
   慈姑真薯と焼きあなご、織部いわし
  蕗のとう味噌汁、 お口すすぎは、松の実です。

今年は図らずも「鏡開き」の日に平成元年生まれの若者が成人を迎えられとか、

ともあれ鏡餅の頑強な固さには当惑致しますが、おのずから自分の道を開くにも

鏡餅を我が手で渾身の力を込めて切り開くが如く歩み生きて頂きたいものですね。

2010-01-12 15:26 | トラックバック(0) | コメント(0)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.