重陽の節句

2009年9月07日

重陽は五節句の一つで 九の数は陽の極みであり、九が二つ重なるゆえ九月九日を
重九(ちょうきゅう)とも云われ、重九は長久に通じるので目出たい極みとされ、
不老長寿の意から祝ったのでございます。重陽節は、もとは中国に端を発し、

我国では平安時代より宮廷の行事として取り行われ、詩歌を成して菊の宴が

開かれ、また民間では菊人形の見世物などが行われました。

 今週の初の膳 酒の肴膳は「重陽をテーマとして
  菊花小蕪鴨詰め、烏賊の緑酢和え、
  利休栗、ずいきの山家煮、初さんま幽庵焼き、
  青海波清し汁、 お口すすぎは「菊酒」でございます。

陰暦にすれば、菊の盛りなので菊の節句と称し、菊の花びらを浮かべて酒を飲む
と云う菊酒は邪気を払い命が延びるといわれ、又この頃は栗も出まわるので栗の
節句とも称され、栗飯を食べたり致したそうでございます。

2009-09-07 14:17 | トラックバック(0) | コメント(0)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.