桜吹雪が舞う時に・・・

2009年4月01日

2009 003.jpg

先週同様に今週も本日で満開になりました。今年の夜桜も残るところ3日間です。

お席もございますのでお早めの ご予約戴ければ嬉しゅうございます。 亭主合掌

 

春と云えば花。古来日本で単に花と云えば桜を指し、それほど日本人の暮らしにとけ
込んでいます。春に百花それぞれに美しく咲き乱れる中で、ことに桜が尊ばれるのは
何故でしょうか。 「花は桜木、人は武士」 散り際の潔さが、心をうつからでしょうか・・・
うららかであり、長閑である春の盛りは短いものです。それゆえに春を称え春を惜しむ

心は、またひとしおですが、四月の酒は華やいだ陽の酒でなければなりません。
だが夜桜の宴に桜吹雪が舞う時に、三日見ぬ間の花のあわれを思い、盃に浮いた

一片の花びらに人生を思う、それも日本人らしくて良いものでございましょう。

2009-04-01 22:22 | トラックバック(0) | コメント(1)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメント(1)

Jak :

Victor 54765788



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.