茶摘み

2009年4月27日

立春から数えて 八十八日目に当たる五月二日頃を八十八夜と申し、この頃になれば
春霜が終わり種蒔きに好適の時期とされ、八十八を組み合わせると「米」という字に
なるので昔から農家ではこの日を大事にしたようでございます 
 
 今週の初の膳 酒の肴膳は、「茶摘み」をテーマとして
  新茶豆腐笹巻き、菅笠椎茸海老真薯 鰻印篭煮、
  こごみ山ふぐ胡麻和え、山うど蒸し鶏の黄身酢
  しじみ山里汁、 お口すすぎは 新茶 でございます。

「夏も近づく、八十八夜」の 歌の文句にもあるように、茶摘みは四月上旬から始まり
八十八夜から二,三週間が最も盛んで八十八夜に摘んだ茶葉は"極上"と申して

古来より珍重され不老長寿の妙薬と云われました。私達も、新茶の香りを味わえる

のももう真近ですが、春はあっという間に過ぎ去り、早いもので もう初夏を迎えます。

2009-04-27 16:00 | トラックバック(0) | コメント(6)

初鰹

2009年4月20日

世の中は三日見ぬ間の桜かな...と、移ろいやすい花の命に諸行無常の人生を垣間

見て、そのはかなさに物のあわれを感じるのが人の心でございます。待ち焦がれて

いた今年の桜も、あっという間に終わり葉桜の時節を迎え青葉若葉に時鳥、さては

卯の花に藤、つつじと風薫る初夏を迎えます。 「目に青葉 山ほととぎす 初がつお」

やがて春の黒潮暖流の水温上昇と共に鰹が来遊し始め、この頃に捕れる鰹を初鰹と

呼び珍重され鰹の美味しい時節となります。
 
 今週の初の膳 酒の肴膳は、「初鰹」をテーマとして
  初鰹青葉たたき、なまり節と新筍炊き
  鰹団子葉桜蒸し、菅笠椎茸鴨真薯、空豆塩ゆで
  山菜とろろ汁、お口すすぎは 木の芽 です。

鰹は、昔から意気の良い魚として「勝魚」とも書かれ 江戸っ子に喜ばれたそうで、
また鰹は"勝つ男"に通じるとして、戦国世の鎌倉武士たちが愛好したと申します。
丸まると引き締まった鰹の姿を目にしますと、最今の不景気に打ち勝ちたいものと
勢いも感じさせられます。 「 鎌倉を生きて出てけん初鰹 」

2009-04-20 14:13 | トラックバック(0) | コメント(1)

 情熱の地酒蔵 [ 白鴻の会 ]

             盛川知則 ・ 盛川元晴杜氏

 盛川酒造  白鴻  沙羅双樹  http://www.enjoy.ne.jp/~sarasouju/

 

瀬戸内の最高峰・野呂山麓に湧き出る その豊かな軟水を得て、

明治二十年の創業以来、百有余年に亘り、廣島杜氏の伝統の技を

頑なに守りながら、軽く且つ味わいのある酒造りを続ける「白鴻」の

初夏に爽快な「沙羅双樹」から、味わいのある純米吟醸酒。 そして、

お燗酒と幅広い日本酒の楽しみ方を青葉若葉の頃に 熱く語って頂きます。

日 時  平成二十一年五月二十一日(木) PM7:00?9:30 
場 所  当 爐談亭
定 員  三十名 (お席に限りがございますので、ご予約はお早めに)

 

今回の真打 盛川酒造杜氏 盛川元晴さん
木戸銭    六千円 (酒代、料理代、語り代の全て込み)
お酒      盛川酒造「白鴻」蔵元セレクション
お料理    白鴻とのコラボレーション料理をお楽しみ下さいませ。

主催/爐談亭  ご協力/(株)酒商山田・盛川酒造

お申し込み・お問い合わせ先  082?247?1378 爐談亭 三浦

2009-04-16 17:58 | トラックバック(0) | コメント(2)

山菜

2009年4月13日

  2009 004.jpg

   今年も山形は庄内より、すみれに似た可憐な山菜「かたくりの花」が届きました。

 

華やかな桜が終わる頃、うららかな陽の光に芽吹く緑を目に致しますと言い様のない
いじらしさを覚えるものでございます。 この頃 山里では山菜でいっぱいです。
山菜の味わいは、この芽吹きを知ることから始まります。雪解けの土を割って頭を

もたげる"ふきのとう"  厳しい冬を知らなかったかのような"山うど" 可憐な姿で風に
そよぐ "かたくりの花" 等など。山菜は、季節と出逢うよろこびですね。

 今週の初の膳 酒の肴膳は、只今旬の「山菜づくし」をテーマとして
  たらの芽鶏信田、山うど薫鮭巻、かたくり茎花したし
  こごみと山ふぐの辛子酢味噌、つわぶきと揚豆腐の山家煮
  蕗の薹天と蓬麩の味噌汁、お口すすぎは , よもぎ茶 です。

山菜は旬です。旬はめぐりめく自然の贈り物でございます。次の休日には万葉の昔に
夢を馳せて春の一日思いきって"山菜摘み草"に出掛けてみては如何でしょうか・・・

2009-04-13 16:19 | トラックバック(0) | コメント(1)

送迎

2009年4月06日

春意ようやく動き始める今日この頃は卒業から進学へ、学生から社会人へ、あるいは
新しい職場への異動転勤等が多くなり、いわば新しい人生へと旅立つ門出の時節で

ございます。古人は門出の祝いにと、菜と鶏を炊き合わせて見事に「名取れ」と励まし
ました。「菜鶏」に「名取」をかけたその感覚は私たち現代人にも なお新鮮に感じる
ものでございます。古来日本人は何よりも名を重んじ、名を汚すことを恐れ、その名に
恥じない働きをする日本人気質を大事にしたものです。今の時代に生きる私達は

如何なものでございましょうか!?  送迎 すなわち 門出の祝いを、古人の知恵に

学んでの「送迎の膳」と させていただきました。

今週の酒の肴膳は、「送迎」をテーマとして  
「鯖の黄金出世焼き」最近では三流とは云えない鯖が黄金出世致しました。
「茶蕎麦田楽」旅立ちの後にも細く永くのお付き合いをと・・・          
「明日葉と生湯葉の辛子胡麻酢」明日の旅立ちと云う言葉から・・・      
「名取炊き合せ」門出の祝いに菜と鶏を炊き合わせて見事に名取れと・・・      
「富貴の山家煮」蕗 すなわち 富(ふ)貴(き)と書いて金銀に恵まれ何不自由なく・・・ 
「鯛の二色潮汁」めでたく故郷に錦(二色)を飾ると申します・・・         
 お口すすぎは「蓬」でございます。

因みに百花の王「牡丹」を「名取草」とも申すそうで、いよいよ百花咲き乱れる春を
迎えます。

2009-04-06 19:06 | トラックバック(0) | コメント(3)

2009 003.jpg

先週同様に今週も本日で満開になりました。今年の夜桜も残るところ3日間です。

お席もございますのでお早めの ご予約戴ければ嬉しゅうございます。 亭主合掌

 

春と云えば花。古来日本で単に花と云えば桜を指し、それほど日本人の暮らしにとけ
込んでいます。春に百花それぞれに美しく咲き乱れる中で、ことに桜が尊ばれるのは
何故でしょうか。 「花は桜木、人は武士」 散り際の潔さが、心をうつからでしょうか・・・
うららかであり、長閑である春の盛りは短いものです。それゆえに春を称え春を惜しむ

心は、またひとしおですが、四月の酒は華やいだ陽の酒でなければなりません。
だが夜桜の宴に桜吹雪が舞う時に、三日見ぬ間の花のあわれを思い、盃に浮いた

一片の花びらに人生を思う、それも日本人らしくて良いものでございましょう。

2009-04-01 22:22 | トラックバック(0) | コメント(1)
Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.