迎春

2009年1月05日

画像 052.jpg

  新年明けましておめでとうございます。

              本年も御贔屓賜ります様お願い申し上げます。

陰暦いわゆる旧暦では新年すなわち一年の初めを立春(二月四日頃)に合わせるよう
にしていたので新年は同時に迎春でありました。春を迎える喜びの中に新年を迎える
祝意も込めていたのでございましょうね。

 

 五日より初店の 今週の膳は「迎春」をテーマとして
  寒鰤寿焼き、七種がゆ、利休いりこ
  あん肝柚子おろし、鴨たたき寄せ熨斗人参添え
  蛤真薯清し汁、 お口すすぎは、大福お屠蘇 です。

正月の七日には春の七草「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、
すずしろ」を入れた七種(ななくさ)粥を食べる習わしがありますが、この行事は
七種粥を食べると万病を除くと云う古い習わしで、陽暦では自然の状態で七種は
生え揃うものでもなく、もとは田植えに先立って行われた行事が正月に移されたもの
だそうです。ともあれ 七種粥は、心身の浄化を図る為の古人の知恵でございます。
古人すなわち先達は、はかり知れない食生活の知恵を今に残されております。

2009-01-05 22:43 | トラックバック(0) | コメント(0)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.