年越し

2008年12月22日

心忙しい年の暮れ。いろいろと思い出の多かった今年も後数日となりましたが、

一年が終わる大晦日の週に当亭では、ひとと歳の水の恩を送るために茶家同様に

除夜釜をかけます。水と火がなくては茶湯は出来ぬと知りながらも、つい忘れがちに

なるのが「水の恩」。それゆえに年の境い目に改めて大年を惜しみ、感謝の念を新た

に致すのでございます。
  
 今週の初の膳/酒の肴膳は、「年越」をテーマとして 
  つもごり鴨蕎麦、春菊不老長寿和え
  鮭かぶら巻き、柚子田楽、烏賊にごり焼
  除夜粥汁、 お口すすぎは、芹 昆布茶 でございます。

やがて、とこからともなく除夜の鐘の音が、強く五十四、弱く五十四、合わせて

百八声。これは十二月、二十四節気、七十二候の合計がこの数だそうで、

人間の煩悩(心身をまし乱す迷いのもと)の総てを鐘の響きにのせて吹き祓う

のでございます。何卒良い年をお迎えなさいますよう お祈り申し上げます。  



今週は、最今の不況を吹飛ばさんが如く皆様とご一緒に毎年恒例の年越し餅つきを

致し、搗き立て餅をお召しあがり頂きます。  [12月22日より29日まで]

尚、本年は29日までの商いで御座います。新年は5日よりの初店でございますれば

来年も御贔屓下さいます様お願い申し上げます。         亭主合掌

2008-12-22 23:23 | トラックバック(0) | コメント(2)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメント(2)



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.