三味

2008年11月26日

画像 040.jpg

      三味一体の糸が醸し出す「川本高虎 津軽三味線の世界」

 

四季の微妙な移り行きに鋭敏な感覚を学びながら、季節に折目をつけて、

お客様を迎え、従事者ともどもに未熟ながらも心をつくし一期一会のおもてなしに

努めて「光陰如矢」気がついてみれば、早や本年11月25日をもちまして

満二十七年の月日が流れ去ろうとしております。お客様の心を我が心に、

甘酸鹹苦辛の五味をこえた真味、即ち「また食べたい」と感じていただける

後味を目指して務めること、それが「爐談亭のおもてなしの味」と考え、
天地の恵みに感謝しつつ味わう巡りめく「四季の恵みの素材の味」、何よりもまして
「お客様の、もう一味 」が加わってからこその「三味一体」の爐談亭でございます。

 
津軽三味線の宴 11月25日〔火〕 から 29日〔土〕までの5日間
    津軽三味線演奏 PM8:30&10:30 (約30分・2回演奏)

  

  今週の初の膳/酒の肴膳は、「三味」をテーマとして
     鯛昆布締め柚子釜、真魚鰹笹香焼き
     百合根まんじゅう、辛子明太子寿寄せ、
     舞茸松の実したし、二色清し汁、
     お口すすぎは 朱杯菊酒でございます。

  三味爐満鍋   帝釈峡地鶏つくね&葱とろつみれ&下仁田ねぎ、養老味噌仕立て

  吹き寄せ祝い膳  比婆牛蒸し焼き、真鴨味酒蒸し洋梨
              たらば出し巻き蟹、ほたて貝柱ぬた
              海老柿山葵醍醐、利休栗茶巾しぼり

  飯物 きりたんぽ雲丹焼き、子宝紅白膾    水菓子 栗あいすくりーむ

誠に身勝手乍ら「津軽三味線の宴」のみ、上記お料理&津軽三味線観賞料を含む

六千円(お飲物別)の会費とさせて頂きます。

本年も毎年恒例の三味一体の糸が醸し出す「川本高虎 津軽三味線の世界」を心ゆく

まで お楽しみ頂けますれば、嬉れしゅう存じます。  亭主合掌
   
  広島・胡町 「爐談亭」  ご予約 080?247?1378

2008-11-26 23:17 | トラックバック(0) | コメント(1)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメント(1)

プー :

27周年おめどうございます。
 周年を迎えるといつも思い出すのは、10周年の祝いの宴で供された、出来立ての「紅白なます」の金時人参の鮮やかな紅です。あれから、随分月日を重ねましたが、色んなことを乗り越えて今日の爐談亭はたくましく成長しました。ゆるぎない太い幹は精進の賜物です。これからもお互い元気で、無事に30周年を祝いたいですね。
 最後になりましたが、三味の膳等の数々の料理と高虎さんの演奏を堪能させていただきました。ありがとう。



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.