敬老

2008年9月19日

元々15日の「敬老の日」を、ハッピーマンデーの第3月曜日に移すことに、

高齢者団体から反発が相次いだため、再度 老人福祉法第5条を改正し

改めて9月15日を老人の日とし、またこの日より1週間を老人週間とされました。

さて広島県内では過去最高の1165人の方々が100歳以上を迎えられたとか。

 

お婆ちゃん子であった私の幼い頃、今は亡き祖母から色々な昔話を
聞かせて貰ったものですが、中でも「姥捨て山」の話は
いつも私を可愛がってくれるお婆さんを、
何故に山に捨てに行かなければならないのか、不思議に思ったり、
自分が老人になった時の事を心配したものでございます。
その時代は生活苦から老人を山に捨て、老人もそれを得心ずくで
捨てられると云う「楢山節考」の話しは子供心に抱いていたことよりも、
もっと残酷で悲惨な制度であったようでございます。
今の時代は ご老人を大切にする色々な制度がありますが、
私達の日常生活にも、いわゆる「姥捨て山」の無き様に
心掛けたいものでございますね‥‥

今週の初の膳 酒の肴膳は、「敬老」をテーマとして
  鱚の養老柚香焼き、林檎と蒸鳥の白和え
  萩海老しんじょ、里芋磯辺和え、茗荷鴨田楽
  しめじ汁、 お口すすぎは、小梅と結び昆布
 
さて今週の当亭は、敬老の日に因んで「敬老の膳」
古来より、御老人のことを萩の花に例えられます。
枝を曲げ垂れ下がり咲き誇る萩の花を
腰を曲げられるお年寄りの姿に写したものでしょうね。
その萩花の姿を写した「萩海老しんじょ」を 始めとして
御老人の白髪がごとくの「林檎と蒸鶏の白合え」
また敬老の日の長寿をお喜びして「鱚の養老柚香焼き」
更には「茗荷鴨田楽」、「里芋磯辺和え」そして「しめじ汁」など
お年寄りにも優しい口当り良き献立をご用意致しました。

この週末は、お爺ちゃんお婆ちゃんと御一緒にお立ち寄り頂ければ

嬉しゅうございます。
 

2008-09-19 00:15 | トラックバック(0) | コメント(1)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメント(1)



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.