野分

2008年8月25日

野分(のわけ、のわき)とは、立春から数えて二百十日頃、今年は8月31日にあたり
ます。昔から二百十日を中心に台風がやって来ると申しますが、また来て欲しくない
ものです。古くは台風と云う用語はなかったようで、風が野を吹き分ける秋の強風の
意で、台風を含めて秋の強風は すべて「野分」と申しておりましたようです。でも
台風がやって来たから、これを食べましょうよ!と云う約束事は無論ありませんで、
秋の気配が漂い始める野分の頃の 山郷料理をお楽しみ頂ければと思います。

 今週の初の膳 酒の肴膳は、「野分」をテーマとして
  秋味の野分け焼き、大徳寺麩と独活のべっこう炊き
  秋茄子と穴子のずんだ和え、湿地胡麻豆腐の猪山家葛あん

  ごんぼう煎餅、名残り鱧と茗荷の味噌汁、 お口すすぎは 梨 でございます。

さて、台風ともなると「猪もともに吹かるる野分かな」(芭蕉)などと、呑気に構えて

おられません。一雨ごとに朝夕の冷気が深まり、台風一過の澄み切った秋空を

見上げておりますと「いよいよ酒と肴の旨さも深まる」などと思うのも私たち酒従の

楽しみでもございますが、今年は台風も来ませんし、まだまだ残暑は暫らく続き

そうですね。

2008-08-25 15:26 | トラックバック(0) | コメント(1)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメント(1)



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.