八朔

2008年7月28日

八月朔日(ついたち)を略して「八朔はっさく」といい、この頃 早稲の稲穂が実るので、

古く農民の間では初穂を恩人に送る習わしから 田実(たのみ)の節句、田面(たおも)

の節句とも申します。この日には米団子を作って田の実なりを賀したり、厄除けと称し

て桃を食べる日でもあったようでございます。また 武家では「たのみ」を「頼み」にか

け、日頃お世話になっている頼み合っている人に、その恩を感謝する意味で贈り物を

するようになったようで「御中元」の始まりとも云われ、夏のお正月の意味合いも含ん

でおるようです。

 今週の初の膳 酒の肴膳は、「八朔」をテーマとして
  八朔泣豆真薯、鱸たで味噌焼き、はも柳川煮
  厄除け桃の胡麻密だれ、瓜雷干し笹身風干し酢
  田の実団子汁、 お口すすぎは いり米 でございます。

この日、宮島では藁で編んだ田面船を作り人形を乗せて海へ流し、対岸の大野町で

は流れ着いたこれを拾いあげて田の畦に埋めると豊作になるとしたそうで、八朔の日

から夏の昼寝をやめて、この夜から夜なべ仕事をする切り替えの日でもあり、立秋を

前にして夏が過ぎると云う意もあり、秋ともなれば「夜なべ仕事が待つとる」のと泣き

べそかきながら「八朔泣豆真薯」を食べて田実の節句を賀し、古人は季節のくぎり

節目を大事にしたようでございます。早いものですね。八月七日には 「立秋」を迎え、

暦の上では秋となります。

2008-07-28 15:27 | トラックバック(0) | コメント(2)


トラックバック(0)

トラックバックURL:



コメント(2)



コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Copyright (C) 2008 rodantei. All Rights Reserved.